くらさる
暮らしに関わるいろんなこと
お家関連

マイホーム購入後に後悔しないために、やっておくこと一覧

あさ
あさ
我が家は4年前に建売住宅を即決で購入しました!

その後住み替えも検討した時期を経て今に至るわけですが、実際一度家を買ってしまうと2軒目…というのは簡単ではありません。

ポンポンと住み替えしている人や売却益が出ることもありますが、まず家を買うときはざっくり100万円諸経費で飛びます

さらに、家具やカーテン、照明等の買い替えで50万、ほかにも転校や転園で、細々とお金も時間も体力も消耗します。

あさ
あさ
我が家は全く事前準備をすることなく家を買ったので、その後「もっといい家があったんじゃないか」「注文住宅でもいけたかな」など、いろいろ考えてしまいました…

マイホーム購入後に後悔するのって、ほとんど「これ、知っておけば良かった」という、知識が足りなかったために、選択肢が広げられなかったというケースです。

そんなことにならないために、事前に調べておくことをこちらのページにまとめました。ぜひ活用して、後悔のないマイホーム選びをして頂ければと思います。

物件情報はSUUMOだけじゃない!良い情報は非公開物件にこそ、隠れている

今では満足して暮らしているおうち。

あさ
あさ
でも、入居から3ヶ月でモヤっとしたことがあったんです。

それは、非公開物件の存在

我が家はSUUMOで公開直後のお家を見つけて即決で購入したのですが、同時期に我が家より良い条件の物件が近所にもう一棟あり、それを同じ児童館に通っていた知人が購入していました…

で、どうやって見つけたのか聞いてみたら、不動産屋さんに資料請求して電話等でやり取りして、見つけて来て貰ったと。

つまり、非公開物件だったんです・・・

資料請求や問い合わせなんて、一瞬で終わる手間、だけど一生を左右するなとこの時ほど感じたことはありません…

いろいろなサイトがありますけど、情報量の多いところがいいと思います。ぜひ活用してみてくださいね!

\非公開物件情報も多数!希望の物件情報が豊富に届く/
希望物件情報の取り寄せ依頼はこちらから

建売の予算で注文住宅が買えるかも!?希望のお家がどれくらいかかるか確認してみよう

これは、建売住宅を購入した人は高い確率で口にしているんですが、「お金さえあれば注文住宅、建てたかった」ということ。

あさ
あさ
我が家も例外ではありません。というか、建売を買ったあとにそう思いました!

(で、周りに注文住宅を建てた友人も増えてきて、更にその思いは強くなり…)

でも、高いから我が家には手が出ないのかなと思いこんでいたのですが、、、

 

実際そんなこと、ないんですね(!!!)

 

注文住宅は、自分が不要だと思うものをゴリゴリ削れるので、予算を抑えたければそう対応できるようです。

あさ
あさ
そういうことも知らなかった~

とはいえ、「展示場に行くと強いセールスで予算とか言えなさそう」とか「個別に問い合わせるまで気持ちが盛り上がってない//」みたいに思ったり。

また、コロナ禍で外出が怖い・・・時期の今、ピッタリなのが、こちらのサービス。

家にいながら、希望の間取り地域を伝えるだけで、注文住宅の資金計画、予算感が知れる「家づくり計画書」を作ってもらえます

(これでやっぱり無理そうなら、注文住宅をすっぱり諦められて、納得して建売住宅を選べますしね!)

\建売でも注文でも、マイホームを考えているならやらないと損/
間取りプラン・見積りを確認してみる

そもそもいくら借り入れできる?ライフプランによって家に掛けられる金額を知っておく

建売でも注文でも、マンションでも中古リノベでも何でも、どんなにお気に入りのお家を購入できたとしても、その後待っているのは毎月の支払いです。

一括購入できる人は別ですが、ほとんどの方は住宅ローンを組んでお家を購入します。

せっかく立派なお家に住んでいるのに、生活が苦しい。。。となっては本末転倒。家を手放すことにもつながります。

なので、これはマイホーム購入を考えているなら必ず必要です。事前準備を全くしていない我が家ですら、やりました。笑

\住宅を買うなら(団信に入る事になるので、保険の見直しがマストです)、お金の相談・保険の見直しを/老後の準備は万全?【保険見直しラボ】-無料相談-

住宅ローン、金利が違うだけで700万変わる!?

金利によって住宅ローンの支払いにかかる金額は全然違います。

超ざっくりと例に出すと、4,000万借り入れして、金利が1.5%なら5,100万円返さないとならないのが、もし金利が0.5%だったら4,300万円で済むんです。

あさ
あさ
ビックリですよね。

今はどこの銀行も競争のように住宅ローンの金利を下げているので、住宅メーカーから言われるままに住宅ローンを組むと、大損するかもしれません。

一度の入力で複数の金融機関の住宅ローンの審査が出来るサービスもあるので、参考にしてみてもいいかも。

\最適な住宅ローン選びに/
【住宅本舗】まずはシミュレーションから